利用できる方
人のイラスト
身体障害者手帳の交付を受けた方

身体障害者手帳は、身体障害者福祉法にもとづき、定められた障がいの程度に該当すると認定された人に交付されるものです。手帳の交付対象となる障がいに「視覚障害」があります。
手帳の交付を受けると、さまざまなサービスを受けることができます。

障害者手帳イラスト

受けられるサービスの例

  • 市区町村による医療費助成
  • 障害厚生年金・障害手当金(厚生年金)
  • 障害基礎年金(国民年金)
  • 交通機関の割引、福祉タクシー利用券の交付
  • 税金の控除
  • 補装具費の支給 など
  • サービスの種類によって所得や年齢、障がいの程度などによる制限がある場合があります。

申請方法(身体障害者手帳交付までの流れ)

申請方法(身体障害者手帳交付までの流れ)のイラスト
  • 都道府県知事が指定した医師を指します。
    近隣の指定医については、お住まいの市区町村の障害福祉担当窓口にお問合せください。
問い合わせ先
人のイラスト
お住まいの市区町村窓口

対象となる障がいの程度

眼の障がいの程度は、以下の等級表に従い、「視力障害」「視野障害」に分けて認定されます。原因となる病気にかかわらず、その障がいが一定以上永続する状態について検討されます。

障害程度等級表(身体障害者福祉法施行規則別表第5号)

級別 視覚障害
1級 視力の良い方の眼の視力(万国式試視力表によって測ったものをいい、屈折異常のある者については、矯正視力について測ったものをいう。以下同じ。)が0.01以下のもの
2級
  1. 1 視力の良い方の眼の視力が0.02以上0.03以下のもの
  2. 2 視力の良い方の眼の視力が0.04かつ他方の眼の視力が手動弁以下のもの
  3. 3 周辺視野角度(Ⅰ/4視標による。以下同じ。)の総和が左右眼それぞれ80度以下かつ両眼中心視野角度(Ⅰ/2視標による。以下同じ。)が28度以下のもの
  4. 4 両眼開放視認点数が70点以下かつ両眼中心視野視認点数が20点以下のもの
3級
  1. 1 視力の良い方の眼の視力が0.04以上0.07以下のもの(2級の2に該当するものを除く。)
  2. 2 視力の良い方の眼の視力が0.08かつ他方の眼の視力が手動弁以下のもの
  3. 3 周辺視野角度の総和が左右眼それぞれ80度以下かつ両眼中心視野角度が56度以下のもの
  4. 4 両眼開放視認点数が70点以下かつ両眼中心視野視認点数が40点以下のもの
4級
  1. 1 視力の良い方の眼の視力が0.08以上0.1以下のもの(3級の2に該当するものを除く。)
  2. 2 周辺視野角度の総和が左右眼それぞれ80度以下のもの
  3. 3 両眼開放視認点数が70点以下のもの
5級
  1. 1 視力の良い方の眼の視力が0.2かつ他方の眼の視力が0.02以下のもの
  2. 2 両眼による視野の2分の1以上が欠けているもの
  3. 3 両眼中心視野角度が56度以下のもの
  4. 4 両眼開放視認点数が70点を超えかつ100点以下のもの
  5. 5 両眼中心視野視認点数が40点以下のもの
6級 視力の良い方の眼の視力が0.3以上0.6以下かつ他方の眼の視力が0.02以下のもの

厚生労働省:身体障害者障害程度等級表(身体障害者福祉法施行規則別表第5号)より作表
https://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-12200000-Shakaiengokyokushougaihokenfukushibu/0000172197.pdf[2022年4月閲覧]

監修 国際医療福祉大学 医学部 公衆衛生学 教授 池田 俊也 先生(2022年5月作成)

ページトップへ